BLOG くらすわ便りBLOG くらすわ便り

信州諏訪くらすわ便り

2011.02.24

しょうゆ豆は、長野県内の複数の醤油醸造メーカーで造られています。

県内ではスーパーなどで売られているポピュラーな食材。製法は、黒豆や大豆と米を麹にして、生醤油でに漬け込み発酵熟成させます。味は、関東の人ならなじみの深い納豆味に近いです。そのまま、佃煮や肉味噌がわりにあつあつのご飯に乗せたり、豆腐、大根の千切りなどの薬味として掛けても美味しいです。でも、醤油の味と麹の香りや甘みが合わさって、濃い味なので、飽きが来たり料理の素材の味に勝ちすぎることも。

そんなときは、ねぎと混ぜて作り置きしておくと食べやすくなります。しょうゆ豆の量の倍くらいの刻みねぎ(くらすわの醸し蔵で売っているしょうゆ豆1袋に対してなら、中程度の太さのねぎ1本分)とよく混ぜ合わせて、ねぎがくたっとするまで置いておきます。そうするとねぎに味がしみて、ちょうど良い味の濃さになって、ねぎのさわやかさと香りと合わせて、とても食べやすくなります。ちょっと水気が増えますが、思ったよりも量が増えないので、蓋付の小鉢に入れてちょっとした副菜に。

写真は、しっかりした味の木綿豆腐(国産大豆と天然にがりのちょっとお高い豆腐を奮発しました)に乗せたものです。(絹ごし豆腐だとしょうゆ豆の味が強すぎるかも)冷奴でもよし、豆腐を温めてから乗せてもよし、です。ちなみに、器は以前軽井沢の漆器屋さんで購入したお椀です。黒豆を使ったしょうゆ豆にすると、見た目も栄えます。(残念)

 

この「しょうゆ豆のねぎ和え」を和酒のあてにすると、他のおかずなしでも飲みすぎるかも。できれば辛口の本醸造酒で(酒ぬのや本金さんの「からくち太一」はお勧め)。

written by bansyaku