BLOG くらすわ便りBLOG くらすわ便り

信州諏訪くらすわ便り

2011.05.26

もうすぐ6月…梅雨の季節になりますが、6月は梅雨だけではありません。
そう、ジューンブライドの時期でもあります。

レストランくらすわで結婚式を挙げるカップルの方も多くいます。
また、結婚式の2次会で利用される方も増えてきました。
幸せそうな新郎新婦様のお手伝いをさせて頂けて、私たちも幸せのお裾分けをいただいております。
これから結婚式や2次会をお考えの方は、レストランくらすわまでお気軽にお問い合わせください。

余談ですが…ジューンブライドについて少々お話させていただきます。

ジューンブライド、直訳すれば「6月の花嫁」。
これは6月に結婚した花嫁は幸せになれるという、もともとはヨーロッパからの伝承だそうです。
実はこのジューンブライド、由来には色々な説があります。

説(1)
6月、すなわちJune という月名が、ローマ神話の結婚をつかさどる女神である『ジューノ ”Juno”』(ギリシア神話では女神ヘラもしくはヘーラー)からきているため、婚姻と女性の権利を守護するこの女神の月に結婚すれば、きっと花嫁は幸せになるだろう、とあやかってとする説。

説(2)
その昔、ヨーロッパでは、3・4・5月の3ヵ月間は結婚することが禁止されていて、6月は結婚が解禁になる月であるため、6月になっていっせいにカップルたちが結婚し、 周りの人達からの祝福も最も多い月だったとする説。

説(3)
ヨーロッパの6月は1年中で最も雨が少なく良いお天気が続くため、はつらつとした季節がつづく若者の季節と呼ばれ季節的環境がベストな月であり、 加えて復活祭も行われる時期であることから、ヨーロッパ全体が祝福ムードで溢れ、6月の花嫁は幸せになれるとする説。

いかがでしたでしょうか?
どれが正解かはわかりませんが、皆様にとって良い6月でありますように…
それでは今回はこの辺で失礼させていただきます。

written by 風の又三郎