BLOG くらすわ便りBLOG くらすわ便り

信州諏訪くらすわ便り

2016.12.23

クリスマス時期に日本でも定番になったシュトレン🍞

レーズンやナッツがたくさん入っていて表面には粉砂糖がまぶされた、どっしりとしたケーキのようなイースト菓子です。

シュトレンはもともとドイツ生まれの菓子で、クリスマスを待つ4週間の待降節の間、少しづつスライスして食べる習慣があるそうです。フルーツの風味が日ごとにパンに移っていくため、少しずつ食べてゆくことで「熟成が少しずつ進んでいく”変化するシュトレン”」を楽しめるそうです。

20161124_144734672

そんなドイツでは、今の時期”クリスマスマーケット”が町のあちらこちらに出店されています。

img_0541

そして、その中で売られているシュトレンがこちらです。

地方によって種類はさまざまですが、量り売りが主流のようです。

20161126_185621390

そして、シュトレンにピッタリな飲み物が、グリューワイン🍷

ワインと香辛料で作るホット・カクテルの一種だそうです。

寒い時期ならではの体の芯から温まる飲み物です(^^♪

そういえば、日本でも最近ホットワインが人気ですよね!

img_0827  img_0855

以上の写真は、くらすわスタッフがドイツに研修に行った際、撮影してきたものです。

町中が、お祭りムード満点だったそうです!(^^)!

一度でいいから行ってみたいな~(*’▽’)💛