BLOG くらすわ便りBLOG くらすわ便り

信州諏訪くらすわ便り

2017.02.03

今日は、2月3日「節分(せつぶん)」ですね。

setubunfi-12

節分とは本来、「季節を分ける」つまり季節が移り変わる節日を指し、立春・立夏・立秋・立冬それぞれの前日に、1年に4回あったものでした。

ところが、日本では立春は1年のはじまりとして、とくに尊ばれたため、次第に節分といえば春の節分のみを指すようになっていったようです。

平安時代の宮中では、陰陽師らによって旧年の厄や災難を祓い清める「追儺(ついな)」の行事が行われていました。室町時代以降は豆をまいて悪鬼を追い出す行事へと発展し、民間にも定着しているようです。

節分には豆をまきますが、これは中国の習俗が伝わったものとされています。

豆は「魔滅(まめ)」に通じ、無病息災を祈る意味があります。

昔、京都の鞍馬に鬼が出たとき、毘沙門天のお告げによって大豆を鬼の目に投げつけたところ、鬼を退治できたという話が残っており、「魔の目(魔目=まめ)」に豆を投げつけて「魔を滅する(魔滅=まめ)」に通じるということです。

そして最後は、豆を人間が食べてしまうことにより「鬼を退治した」ということになるわけです。

 

そしてもうひとつ。節分といえば「恵方巻き」🍣

setubunfi-7

大阪で同日に巻き寿司をまるごと一本無言で食べる風習があり、それが昭和初期に「幸運巻寿司」と称して豪華な太巻きを丸かじりするように変わったようです。

その後、太巻き(巻き寿司)を節分の夜にその年の恵方に向かって無言で、願い事を思い浮かべながら丸かじり(丸かぶり)するのが習わしとされたようです。

 

くらすわでは、節分にちなんで『鬼パン』と『恵方巻きパン』を本日まで販売しております。

DSC_0287 (2)

自家製のカスタードクリームが入った可愛らしい鬼パンですので、おやつに是非どうぞ(^^)

DSC_0283  DSC_0284 (2)

くらすわ特製の角食パンへ「ツナサラダ・卵焼き・カニカマ・きゅうり」をぜいたくに巻き込んで仕上げたサンドウィッチ🍞

今年の恵方である「北北西」に向かって食べましょう(^^)