ABOUT くらすわについてABOUT くらすわについて

八ヶ岳の麓で、土づくりに14年。
有機肥料で育つ野菜を今日もくらすわへ。

小松農園 小松旦孔郎さん

八ヶ岳を背に、たっぷりの日差しが注ぐ高原の畑。
八ヶ岳を背に、たっぷりの日差しが注ぐ高原の畑。
標高約1,100m。高原の澄んだ空気、降り注ぐ陽ざしを浴びてすこやかに育つ野菜たち。信州原村にある小松農園は、畑の土づくりに情熱を傾け、有機・減農薬で野菜を生産・販売する農園です。手塩に掛けて出荷される野菜は春のレタスを皮切りにブロッコリー、トマト、ナス、キュウリ、ニンジン、ズッキーニそしてトウモロコシ。秋から冬はキャベツ、ジャガイモ、白菜、野沢菜、大根、カブ、カボチャ。
「うちは百姓の典型。いろんな種類の野菜を手掛けていますが、それもこれもお客さまのニーズに応えるため。」と語るのは園主の小松旦孔郎さん。多品種の野菜を栽培するのは、土の力を引き出す輪作を行ううえでも必要な条件だといいます。
安全・安心、その日の穫れたてをお届けする。
安全・安心、その日の穫れたてをお届けする。
小松農園の土壌は14年もの歳月をかけて作られました。化学肥料主体の畑から有機肥料を土台とする畑への切り替えは、それほどまでに手間も時間も根気も要するのです。
「ニガリを入れたり、土に良いと思ったものは何でもやりましたね(笑)。現在、肥料は鶏糞、牛糞などの堆肥、米ぬかや魚骨などを使ったぼかしの堆肥。土にこだわっているだけに「味」と「風味」が自慢です。農薬は害虫を避けるために気象状況を見極め最低回数で散布するだけ。安全・安心の野菜をお届けするための配慮は欠かせません。」(小松さん)
「食べてみて」「味わってみて」納得できる野菜を。
「食べてみて」「味わってみて」納得できる野菜を。
くらすわが小松農園さんと知り合うきっかけは、原村のお隣、富士見町の商工観光課の方を通してのものでした。
「素性の確かな良い野菜を探している人がいるというのでお会いしましたが、それがくらすわさんのご担当者でした。一年間この畑に通われましたが、いろんな野菜を収穫期ごとに見て、触れて、実際に味を確かめてもらいました。「うちはこういう味です」と。品質を求める者と、栽培に携わる者とが「野菜」をまんなかにお互いが想いをぶつけ、納得して、いまの関係が始まったわけです。」(小松さん)
野菜だけでなく、味わい方も一緒に届けたい。
小松農園さんとくらすわとの取引は通年にわたります。朝穫れの新鮮な野菜は、毎朝、小松さんの手によって納入されますが、ユニークなのは、その日の野菜の特徴や食べ方も一言添えられていること。生産者であると同時に調理に対する心得が小松さんにはあるのだ。
「直取引をさせてもらっているのは、野菜に対する理解を少しでも深めてもらいたいから。見た目では劣るサイズの大きいものでも、火を通すとおいしく化けるものもあるし、どう調理したらおいしいかも伝えられる。現場からの「こういう野菜が欲しい」という具体的な要望をこちらが聞くこともできるわけです。」(小松さん)
寒暖の差がつくる、一級品の野菜をくらすわを舞台に。
寒暖の差がつくる、一級品の野菜をくらすわを舞台に。
日照条件に恵まれ、寒暖の差によって甘みと深みが備わる小松農園の野菜たち。一口食べて、その味、香り、歯応えは一級品であることが分かります。現在は、園主である小松さんがお一人で育てているため、たくさんは作れません。自然の産物として、ある時にあるだけ、できる時にできるだけ、作られるものばかりです。ぜひ、くらすわのレストランや四季ギャラリーを通し、その「味」をお楽しみください。
営業時間のご案内
1F SHOPPING AREA
ショップ9:00〜19:00
ベーカリー&カフェ9:00〜19:00
2F RESTAURANT AREA
ランチタイム11:00〜14:00
ディナータイム17:30〜22:00
(21:00 L.O.)
※混雑状況により終了時間が早まる場合がございます
  • CLASUWA RESTAURANT WEDDING
  • 一緒にCLASUWA
  • スタッフブログ くらすわ便り
  • Facebook
  • Yomeishuオンラインショップ
  • 養命酒オフィシャルホームページ
  • ハーブの恵み
  • クーラ・ナチュラ
  • 健康の森
  • MIDORI長野
  • 採用情報